XM(エックスエム)の評判・口コミを検証

XM(エックスエム)は、老舗ブローカーとして高い信頼性と人気を誇る海外FX業者です。

ベテラントレーダーはもちろんのこと、海外FXで初めて口座開設する方に対しても、安心しておすすめできるトレードスペックを備えています。

今回はXMに興味を持っている方のために、良い評判やメリットだけではなく注意点も解説しながら、XMの人気の理由に迫ります。

無料で口座開設する

1分でわかるXM(エックスエム)

XMはどんなFX業者?
  • 信頼性の高い老舗ブローカー
  • バランスの取れた取引環境
  • スプレッドはやや広い
XMの歴史は?
  • 2009年に設立
  • 2021年ベストリテールFXブローカー賞受賞
  • セーシェル金融庁のライセンスを取得
XMの魅力は?
  • スムーズな入出金
  • 安定感とスピードのある約定
  • キャッシュバックボーナスあり

口座タイプは3種類

XMが提供しているリアルトレード用の口座タイプは、3種類あります。

  • マイクロ口座:
    少額取引に特化
  • スタンダード口座:
    基本的な口座タイプ
  • XM Zero口座:
    低スプレッド&ECN方式

まずは3つの口座タイプの仕様を簡単に比較しましょう。
※スマホの方は表を横にスクロールできます。

口座タイプ マイクロ口座 スタンダード口座 XM Zero口座
口座通貨 JPY/USD/EUR JPY/USD/EUR JPY/USD/EUR
最大レバレッジ 888倍 888倍 500倍
スプレッド
(USDJPY)
1.5pips~ 1.5pips~ 0.0pips~
取引手数料 なし なし 1ロット往復/10ドル
通貨単位
(1ロット)
1,000通貨 100,000通貨 100,000通貨
最小ロット数 MT4:0.01ロット
MT5:0.1ロット
0.01ロット 0.01ロット
最大ロット数 100ロット 50ロット 50ロット
ボーナス利用 口座開設ボーナスのみ
最低入金額 500円(5ドル) 500円(5ドル) 1万円(100ドル)

続いて、XMの各口座タイプの特徴を見ていきます。

マイクロ口座

  • 少額の取引に特化
  • スペックはスタンダード口座と同じ
  • ボーナスもあり

最小ロット数は利用する取引ツール(プラットフォーム)によって変わり、MT4では0.01ロット(=10通貨)、MT5では0.1ロット(=100通貨)となります。

もし最小ロット数である0.01ロット(10通貨)でドル円を取引した場合、1pipsの変動による損益は0.1円です。100pips(1円)の変動があってもわずか10円の損益となるため、損益をほとんど気にせずに取引が可能ですね。

ただし、マイクロ口座で超少額の取引ができるのは、FX通貨ペア、ゴールド、シルバーのみ。それ以外の銘柄ではスタンダード口座などと同じ最小ロットになりますので、ご注意ください。

少額の資金からFX取引を試してみたい方におすすめの口座タイプです。

スタンダード口座

  • 基本の口座タイプ
  • すべてのボーナスキャンペーンを利用可能
  • XMの全銘柄が取引可能

1ロットあたりの通貨量は10万通貨で、最小で0.01ロット(=1,000通貨)、1ポジションあたりの最大ロット数は50ロット(=500万通貨)となっており、初心者からベテランまで、幅広い利用に応えることができます。

最小の0.01ロット(1,000通貨)で取引する場合も、1pipsあたりおよそ10円の損益となり少額から取引をスタートすることもできます。初心者の方がXMの口座タイプ選びで迷ったら、スタンダード口座を選択して問題ありません。

XM Zero口座

  • ECN式
  • スプレッドは平均0.1pips
  • 1ロットあたりの往復10ドルの取引手数料がかかる
  • ボーナスは適用外

取引コストの低いXM Zero口座は、スキャルピングやEAによる自動売買、または大口取引などに適しています。しかしその代わりに、入金ボーナスキャンペーンや、ロイヤリティプログラムによるボーナス還元などは一切利用できません。(口座開設ボーナスのみ受け取り可能)

XM Zero口座は、取引環境は良いのですがボーナス利用が難しいため、少々上級者向けの口座タイプかも知れませんね。

良い評判・メリット9つ

ここからは、XMの良い評判やメリットについて、以下の9つのポイントを確認しましょう。

①信頼の運営実績とブランド力

XMは2009年にサービスを開始した、運営歴10年を超える海外FX業者です。2021年には新規口座開設数300万口座を突破したことからも、多くのユーザーに支持されてきた実績が伺えます。

また2016年には、陸上のウサイン・ボルト選手と3スポンサー契約を結んだことでも話題になりました。ウサイン・ボルト選手と言えば、オリンピックで8個の金メダルを獲得した、誰もが知る陸上短距離界のスーパースターですね。

こうした有名人とスポンサー契約を結ぶのは、選手と企業イメージの合致はもちろんのこと、企業側に健全な経営があればこそ成立するものでしょう。このスポンサー契約は、XMのブランド力を一層向上させることに大いに貢献したと言えます。

②出金拒否の経歴なし

XMは今までに悪質な出金拒否を起こしておらず、健全な取引の結果発生した利益は問題なく出金ができます。

ただし、どんな場合でも出金できる訳ではありません。ユーザーが禁止されている取引や口座利用を行なった場合は、利益の凍結などのペナルティが課せられる場合はあります。

XMの主な禁止事項は以下です。

  • アカウントの二重開設
  • ボーナスの不正受給
  • 異なる口座を利用したあらゆる両建て手法(同じ口座内での両建ては可能)
  • 窓開けを狙ったトレード
  • 指標発表時のハイレバレッジトレード
  • 価格差や遅延を利用したアービトラージ
  • AIを使った取引(EAは利用可能)

これらの禁止事項に抵触した場合には出金が拒否される可能性がありますので、行わないようにご注意ください。

③レバレッジ888倍・追証なし

XMの最大レバレッジは、スタンダード口座やマイクロ口座で888倍、XM Zero口座で500倍となっています。主要な他社と最大レバレッジを比較してみましょう。

FX業者 最大レバレッジ
Axiory 400倍
TitanFX 500倍
XM 888倍
GemForex 1,000倍
FBS 3,000倍

海外FXの最大レバレッジは国内FXに比べると桁違いに高く、1,000倍を超えるレバレッジは珍しくありません。XMの最大888倍は、海外FXの中では平均的〜やや高めの水準と言えます。

1万通貨(0.1ロット)を持つのに必要な証拠金を比較してみると、XMが有利なのは一目瞭然ですね。

レバレッジ 必要証拠金
888倍
(XM)
1,200円
25倍
(国内FX)
約4万4,000円

またXMには、ゼロカットシステムが搭載されています。

ゼロカットとは?
レートの急変動などでロスカットが間に合わず口座内の証拠金がマイナスになった場合、業者がマイナス分をリセットしユーザーに追証を求めないシステムのこと。

過去にはスイスフランショックで発生した顧客の損失分をXMがしっかりと補填を行ったことからも、XMの資金力の高さと安全な運営には信頼がおけるでしょう。

ハイレバレッジには少ない資金で大きな取引を行えるメリットと同時に、資金量や自分の技術に見合わないポジションも保有できてしまいます。XMにはゼロカットの救済措置はありますが、トレーダー自身の資金管理や取引ロット管理が非常に大切です。

④約定力が高い

XMは、約定力には特に力を入れています。全注文の99.35%が1秒以下で約定し、注文拒否やリクオートは発生しません。

実際にXMの約定力は安定しており、値動きが荒い時やロット数が大きい場合でもしっかりと約定できるとの評判が高いです。ストレスなく約定できることは、取引を行う上では非常に重要ですね。

⑤MT4に加え最新のMT5も使える

XMでは取引プラットフォーム(取引ツール)として、MT4はもちろん、最新版のMT5にも対応しています。

MT4/MT5は、注文や決済はもちろん、インジケーターやオブジェクト類によるテクニカル分析やEAによる自動売買にも対応しており、動作が安定した高機能取引ツールとして世界中のプロトレーダーや一般トレーダーに支持されています。

簡単に両者の違いを確認しましょう。

MT4 MT5
動作の速さ 普通 軽快
表示できる時間足 9種類 21種類
インジケーター数 30種類 38種類
オブジェクト数 31種類 44種類
戦略数 非常に多い 少ない
対応OS Windows
Android/iOS
ブラウザ
Windows
Android/iOS
ブラウザ
アップデート 少ない 頻繁

MT4の特徴は、利用しているユーザー数が多いことによる、カスタムインジケーターやEAの数の多さです。無料・有料を問わず、非常に多くの種類が出回っています。裁量トレードにも向いていますが、特にEAによる自動売買に興味がある方は、まずはMT4から利用してみると良いでしょう。

MT5の特徴は、MT4に比べた場合のスペックの高さです。動作が軽く使いやすいことや、表示できる時間足の多さ、標準で利用できるインジケーター類の多さなど、多くの面で利便性が改善されています。裁量トレーダーはもちろん、MT4とMT5で迷った場合などは、MT5の利用を検討してはいかがでしょうか。

⑥通貨ペア数・CFD銘柄数は業界随一

XMでは、全部で57種類の取扱通貨ペアを始め、貴金属、エネルギー、株式指数など、合計で98種類の銘柄を、口座を切り替えることなく1つの口座で取引可能です。

以下は、XMで取引できる通貨ペア・銘柄一覧です。

AUDCAD EURHKD GBPCHF USDCAD
AUDCHF EURHUF GBPDKK USDCHF
AUDJPY EURJPY GBPJPY USDCNH
AUDNZD EURNOK GBPNOK USDDKK
AUDUSD EURNZD GBPNZD USDHKD
CADCHF EURPLN GBPSEK USDHUF
CADJPY EURRUB GBPSGD USDJPY
CHFJPY EURSEK GBPUSD USDMXN
CHFSGD EURSGD NZDCAD USDNOK
EURAUD EURTRY NZDCHF USDPLN
EURCAD EURUSD NZDJPY USDRUB
EURCHF EURZAR NZDSGD USDSEK
EURDKK GBPAUD NZDUSD USDSGD
EURGBP GBPCAD SGDJPY USDTRY
USDZAR
  • COFFE
  • CORN
  • COTTO
  • HGCOP
  • SBEAN
  • SUGAR
  • WHEAT
銘柄名 和名
AUS200Cash 豪S&P/ASX200
CHI50Cash 中国A株50
EU50Cash 欧Stocks
FRA40Cash 仏カック40
GER30Cash 独DAX30
GRE20Cash アテネ20
HK50Cash 香港ハンセン50
IT40Cash イタリアFTSE MIB40
JP225Cash 日経225
NETH25Cash オランダAEX25
POL20Cash ワルシャワ20
SINGCash シンガポールST指数
SPAIN35Cash スペインIBEX35
SWI20Cash スイスSMI20
UK100Cash 英FTSE100
US100Cash 米ナスダック100
US30Cash 米ダウ30
US500Cash 米S&P500
銘柄名 和名
CHI50 中国A株50
EU50 欧Stocks
FRA40 仏カック40
GER30 独DAX30
JP225 日経225
SING シンガポールST指数
SWI20 スイスSMI20
UK100 英FTSE100
US100 米ナスダック100
US30 米ダウ30
US500 米S&P500
USDX 米ドル指数
  • GOLD
  • SILVER
  • PALL
  • PLAT
  • BRENT
  • GSOIL
  • NGAS
  • OIL
  • OILMn

⑦ボーナスが充実している

XMで取引することの大きなメリットとして、豊富なボーナスキャンペーンを利用できることが挙げられます。

XMのボーナスキャンペーン
  • 入金不要の口座開設ボーナス
  • 最大5,000ドルの入金ボーナス
  • 取引するほどお得なキャッシュバック

詳しく見ていきましょう。

口座開設ボーナス

XMでは初めて口座開設をするユーザーに対して、3,000円の口座開設ボーナスを行なっています。入金不要で取引に使える証拠金を獲得できるキャンペーンとなっているので、リスクをかけずにXMでの取引に挑戦することができますね。

XMの口座開設ボーナスは、以下の手順で受け取ることができます。

STEP.1
口座開設
XMのリアル口座を開設する
STEP.2
本人確認
マイページから本人確認書類をアップロードし、口座を有効化する
STEP.3
ボーナス申請
マイページから口座開設ボーナスの申請ボタンをクリックして、ボーナスを請求する
STEP.4
ボーナス反映
メール認証を終えると、ボーナスは自動的に口座に反映される

また口座開設ボーナスでは、以下の点にご注意ください。

口座開設ボーナスの注意点
  • 口座開設日から30日以内に口座開設ボーナスを申請しないと、ボーナスは無効になる
  • ボーナス自体は出金できない
  • 利益は出金可能
  • 出金額に応じてボーナスは消滅する

入金ボーナス

XMの入金ボーナスでは、初回の入金では100%ボーナス(上限500ドル)、2回目以降の入金では20%ボーナス(上限4,500ドル)が適用されます。

上限に達するまでは何度でも受け取れるので、最大で5,000を受け取れるというわけです。

入金ボーナスの注意点
  • スタンダード口座、マイクロ口座対象
  • ボーナスそのものは出金できない
  • 利益は出金可能
  • 出金額に応じてボーナスは消滅する

その他不定期で、「bitwallet入金限定ボーナス」など入金方法を限定したキャンペーンや、すでに入金ボーナスを受け取った方でも「リセットボーナス」として入金ボーナスが復活するキャンペーンの開催実績があります。

最新のボーナス情報はXM公式サイトをご確認ください。

補足
XMの入金ボーナスは、すべてクッション機能ありのボーナスです。
海外FXでボーナスクッション機能がついていると「ボーナス+自己資金」の金額で取引が可能。クッション機能がないと、自己資金だけが証拠金に換算され、お得度が下がります。
XMの入金ボーナスは、証拠金を増やして取引規模を大きくできる、使いやすいボーナスですね。

ロイヤリティプログラム

XMのロイヤリティプログラムは、取引した量に応じてXMポイント(XMP)が付与され、貯まったXMポイントをボーナスまたは現金に交換できるキャンペーンです。

ロイヤリティプログラムでは、1ロットの取引に対してステータスによって異なるXMPが付与されます。ステータスは全員EXECUTIVE(エグゼクティブ)からスタートし、口座開設日からトレード日数が増えるにしたがって上位のステータスに昇進できます。

ステータス XMP
/1ロット
昇進条件
EXECUTIVE
(エグゼクティブ)
10 XMP 口座開設時
GOLD
(ゴールド)
13 XMP 30日以上
DIAMOND
(ダイヤモンド)
16 XMP 60日以上
ELITE
(エリート)
20 XMP 100日以上

どのステータスでも、XMポイントは「XMポイント÷3=1ドル」のレートで交換できます。もし300XMポイントを交換する場合は、100ドル相当額のボーナスに交換できることになりますね。

最高ステータスのELITEの場合は、1ロットの取引あたり20XMポイントの獲得となり、ボーナスに交換するとおよそ6.66ドルになります。これはスプレッドに換算するとおよそ0.6pipsになり、ロイヤリティプログラムは、実質的な取引コストの縮小効果があることが分かります。

XMはよく「スプレッドが広い」と言われますが、ロイヤリティプログラムを上手に活用することで、取引コスト自体は低く抑えることが可能です。

⑧無料ウェビナー(オンラインセミナー)がある

ウェビナーとは?
「ウェブ+セミナー」の略で、オンラインで受けられるセミナーのこと

海外FXの中にはウェビナーを行なっている業者がいくつかありますが、そもそも日本人講師による日本語のウェビナーはほとんどなく、有益なものはXMのウェビナーしかないと言っても過言ではありません。

FX業者の教育コンテンツと言えば、顧客に取引させることが目的になっているようなものが少なくありません。例えばインジケーターやオシレーターの使い方や、売買サインの見方のようなものですね。しかし、単純にサイン通りに売買しても勝ち続けることは困難なので、そうした情報にはほとんど価値がありません。

一方XMのウェビナーは、講義内容にXMの宣伝としての要素はほとんどなく、相場の見方や向き合い方、取引のヒントになるような技術面の話題が中心になっており、ネット上でもためになると評判が良いです。

XMのウェビナーの特徴を簡単にまとめてみました。

  • 完全無料で受講できる
  • XMで口座が未開設でも受講できる
  • 日本人講師による日本語のウェビナー
  • プロトレーダーの生の声が聞ける
  • スマホでも受講可能

トレード歴がある程度ある方にとっても面白いウェビナーですが、特にトレードの基本的な考え方やチャートの見方を学んでみたいと思っている方にとっては、非常におすすめのウェビナーです。

XM公式サイトのメニューから「FXを学ぶ」→「学習センター」→「FXウェビナー」から受講の登録ができますので、興味がある場合は気軽に受講してみてくださいね。

⑨日本語サポートの使い勝手が良い

XMは公式サイトはほぼ完全に日本語化されており、カスタマーサポートも日本人による対応です。

サポートはメールまたはライブチャットが利用可能で、丁寧な上にレスポンスも早く対応を受けられます。ただし、サポートデスクは土日は休業となっており、休業日中の問い合わせは翌営業時間の対応になります。

悪い評判・デメリット5つ

ここからはXMの悪い評判やデメリットとして、以下の5つのポイントを確認していきます。

①信託保全ではない

海外FX業者が行なっている顧客資金の管理方法には、大きく分けて「信託保全」と「分別管理」の2種類があります。

信託保全 分別管理
顧客資金の管理 信託銀行で保全 顧客資金と運営資金を分けて管理
破産時の
保証義務
あり なし

ざっくり言うと、信託保全の方が資金管理の安全性は高いということ。

XMの顧客資金管理方法は、優良銀行に分散しての分別管理となっており信託保全ではありません。しかし、XMのカスタマーサポートに問い合わせたところ、

万一XMが倒産した場合でも顧客資金には影響が出ない措置が取られており、すべてのユーザーは自身の資金にアクセスすることができる。
との回答がありました。

そもそもXMは破綻の可能性が低く、もし破綻した場合でも顧客資金が返ってこない可能性も低いのですが、トレードに使わない必要以上に大きい資金は口座に置いておかないなど、自分の身は自分で守る対策は必要でしょう。

②スプレッドは普通(というか広い)

XMのスプレッドは、低スプレッドを海外FX業者と比べるとわずかに広めの傾向があります。

スタンダード口座とECN口座(XM Zero口座)を例に、メジャー通貨のスプレッドを比較してみみましょう。

スタンダード口座
XM FBS Axiory TitanFX
EURUSD 1.7pips 1.1pips 1.3pips 1.2pips
USDJPY 1.6pips 2pips 1.3pips 1.33pips
GBPUSD 2.4pips 1.6pips 1.5pips 1.57pips
AUDUSD 1.9pips 2.2pips 1.7pips 1.52pips
USDCHF 2.1pips 2.7pips 1.7pips 1.92pips
USDCAD 2.2pips 2.1pips 2pips 1.55pips
XM Zero口座
XM FBS Axiory TitanFX
手数料
(1ロット往復)
10ドル 6ドル 6ドル 7ドル
EURUSD 1.1pips 0.9pips 0.9pips 0.9pips
USDJPY 1.1pips 0.9pips 0.9pips 1.03pips
GBPUSD 1.3pips 1.1pips 1.1pips 1.27pips
AUDUSD 1.4pips 0.9pips 1.2pips 1.22pips
USDCHF 1.4pips 1.1pips 1.0pips 1.62pips
USDCAD 1.5pips 1.2pips 1.4pips 1.25pips

※XM Zero口座はECN方式です
※取引手数料とスプレッドを合計してpipsに換算

XMのスプレッドは、他社と比べて若干広いですね。

ただスタンダード口座は豊富な入金ボーナスロイヤリティプログラムを活用すれば、取引コストを抑えることができます。

XM Zero口座(ECN方式)はスプレッドだけ見れば一見お得ですが、取引手数料を換算した合計手数料は割高になってしまいます。口座開設ボーナス以外のキャンペーンは一切利用できないため、コスト重視の方はスタンダード口座を選んでおきましょう。

③スキャルピングには不向き

スキャルピングとは?
短時間で小さな値幅を狙い、また取引回数も多くなりやすい取引方法になりますので、スプレッドが狭い方がより多くの利益を残せることになります。

XMではスキャルピングに制限がありませんが、スプレッドが広めなのではそこまで旨味はありません。

スキャルピングトレードをするには、XMスタンダード口座であればロイヤリティプログラムを利用することで、1ロットの取引あたり最大0.6pips程度のコストダウンが可能です。

④利益の出金方法は国内銀行送金のみ

XMではマネーロンダリング防止などのために、出金時にいくつか制約があります。

XMの出金ルール
  • 入金額までは入金時と同じ方法で出金する
  • 入金額以上の利益は国内送金でしか出金できない

たとえばbitwalletで2万円を入金して6万円の利益を出した場合、

  • 2万円まではbitwalletで出金する
  • 2万円以上は国内銀行で送金する

ということです。

出金方法を一括化できないので、ちょっと面倒ですね。

⑤スワップポイントの制限が多い

XMでは、デイトレードやスキャルピングに適したメジャー通貨ペアのほとんどがロングショートともにマイナススワップです。

またスワップ狙いのトレードでは、基本的にはポジションを長期間保有するので実効レバレッジは低く抑える必要がありますが、低レバレッジでも大きめのロットを持つにはある程度の証拠金が必要になります。

XMでは、口座残高が合計200万円以上になると最大レバレッジが200倍に引き下げられるため、スワップ狙いのトレードにはあまり向かないでしょう。

スワップで稼ぎたいのであれば、ロングショート共にプラススワップに通貨ペアが存在するGEMFOREXがおすすめです。

>>GEMFOREX(ゲムフォレックス)の評判・口コミを検証

管理人総評

XMはスプレッドの広さなどのデメリットはありますが、不当な出金拒否がないことを始めとした信頼性と実績は、海外FXの中でも屈指の業者と言えます。

XMの評価
信頼性
(5.0)
約定力
(4.0)
レバレッジ
(4.0)
スプレッド
(3.0)
ボーナス
(3.0)
総合点
(4.5)

経験のあるトレーダーはもちろん、海外FXが初めての方でもスペック・使いやすさともに申し分ありません。

無料で口座開設する

運営会社 Tradexfin Limited
設立年 2009年
住所 F20, 1st Floor, Eden Plaza, Eden Island, Seychelles
金融ライセンス番号 セーシェル金融庁(FSA)
番号:SD010
お問い合わせ先 support@xmtrading.com
入金方法
入金方法 入金手数料
クレジットカード(VISA/JCB) 無料
bitwallet 無料
STICPAY 無料
BXONE Wallet 無料
国内銀行送金 1万円以上の入金で手数料無料(振込手数料はユーザー負担)
オンラインバンク決済 280円
コンビニ決済 280円

 

出金方法
出金方法 出金手数料
クレジットカード(VISA) 無料
bitwallet 無料
STICPAY 無料
BXONE Wallet 無料
海外銀行送金 無料(中継・受け取り銀行で発生する手数料はユーザー負担)
夏時間:月曜日7時05分 〜 土曜日6時50分
冬時間:月曜日6時05分 〜 土曜日5時50分
XMでは、リアルトレード用の取引口座とは別にデモ口座も提供しています。デモ口座は完全無料で利用できる練習用の口座タイプで、MT4/MT5から分析を行い注文を出すことも可能です。

ただしデモ口座で配信されるレートは、リアルトレード用のレートとは若干異なる場合があります。また90日間使用しないとデモ口座は凍結され、アクセスできなくなります。再び利用したい場合は、新しいデモ口座を開設しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です